大手企業も続々採用!! 販促キャンペーンのコスト削減につながる「eGift」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
image_1

販促キャンペーンを検討はするのですがこんな理由で断念していませんか?

 

  • 景品自体が高くて、多くの集客を見込めない・・
  • 送料や管理コストが高く、費用対効果に見合わない・・
  • そもそも事務作業など手間がかかって一人ではやりきれない・・

 

上記のような企業の販促における課題を解消する手段として、近年注目されているのが、メールやSNSを通して送れる「eGift」です。その市場規模は急成長しており、2014年の45億円から、2020年には1,110億円規模にまで達すると予測されています(※)。

 

egift1-1

※矢野経済研究所「商品券・ギフト券/ソーシャルギフト市場の実態と展望2015年版」調べ

 

実際に、私たちgifteeにも「eGiftをキャンペーンに活用したい」とのお問合せを近年多数頂くようになりました。そこから実際に案件化し、eGiftを活用した新しいプロモーションの仕組みを構築されている企業様事例もでてきています。今回はそんな注目のeGiftについて、私たちが携わった活用事例と併せてご紹介いたします。

企業で広がる「eGift」の販促キャンペーン活用

「eGift」は、当初CtoC(Consumer to Consumer)の領域から広がってきました。

 

弊社でも、有名カフェチェーンのドリンクやコンビニの100円コーヒーなど、”ちょっとしたもの”をデジタルギフトチケットとして贈ることができるCtoCサービス「giftee」を2011年3月より開始しています。

 

2016年6月末時点で会員数52万人を超え、ありがたいことに利用者数は日に日に増えています。

 

このようにCtoCから開始したeGiftですが、近年、一部のユーザー様より「プライベートで利用していたが、自社のお客様へのプレゼントにも使いたい」という問合せを頂くことが多くなってきました。

 

そこで、今年に入ってからはこのような問い合わせに答えられるように法人用のサービス紹介ページを用意。正式に開始してから半年あまりで数百を超える問い合わせをいただいています。

 

 

景品の配送コスト・在庫管理コストが0に

なぜ今これほどまでに「eGift」が企業の販促キャンペーンで求められているのか?その答えは、実際に頂いた下記のような問合せの声から明らかになります。

 

egift1-6

 

実際に声を集計し分かったのは、企業のマーケティング担当者が、現状の景品の「配送コスト・在庫管理コスト負担」について大きな不満を持っているということです。

 

eGiftは、メールやSNSを通して送ることができ配送作業・在庫管理作業を0にできます。そのため、多くの企業で採用が進んでいます。

 

 

「これまでやりたくても実現ができなかった」キャンペーン企画も実現

eGiftは上記で述べたように、これまでかかっていた配送コスト・在庫管理コストを0にできるため、既存の配送景品からと代替手段しても多く活用されていますが、それだけではなく「これまでやりたくても実現できなかった」キャンペーン実施にも活用されています。

 

弊社の法人向けeGiftサービス「giftee for Business」での実際の案件の中から、そのようなeGiftだからこそ実現できた活用事例をご紹介します。

 

 

【ケース1】販促費わずか3万円で回答率3倍以上に!アンケート回答者へeGiftをプレゼント

 

egift1-3

某住宅メンテナンス企業では、これまで特典なしでアンケートを実施していましたが、回答率がよくないため、アンケート回答者に謝礼をつけることも検討。しかし、低額景品でも配送費を含めるとコストが予算を上回るため見送りになっていました。そんな中、弊社のeGiftサービスを知りトライアル利用したところ、販促費わずか3万円で回答率が3倍以上に増加。その後も継続して利用いただいています。

 

 

【ケース2】開始1日で応募上限に!配送費0で達成できた大規模サンプリングキャンペーン

 

egift1-4

某飲料メーカー企業では、自社商品の無料サンプリングキャンペーンに弊社のeGiftサービスを活用。Twitterから日頃の感謝の気持ちを友達に投稿すると、友達にも自分にも、商品のデジタルチケットがプレゼントされ、そのチケットをコンビニに持っていくことで商品と交換できるキャンペーンを期間限定で実施しました。先着2万人のキャンペーン予定でしたが、予定よりも早く応募上限まで達したため、期間延長+更に2万人にも追加プレゼント。大好評いただけたキャンペーンとなりました。

 

 

この他にも、「来店・来場促進」としての利用、「CRMツールと連動」しての利用など、eGiftを用いることで、これまで実現できなかった様々な活用が可能となっています。

それぞれの活用例については、下記記事にまとめていますので、是非こちらも併せてご覧ください。

 

関連記事:

O2OCRMにも活用可能!eGift利用目的別の活用例まとめ4選

 

また、ご自身の属する業界での活用例をまとめてご確認頂きたい方は、下記記事にまとめております。是非こちらをご覧ください。

 

関連記事:

あなたの会社でもすぐに活かせる!国内11業界別のeGift活用例まとめ

 

 

早速eGift活用を始めるには?

「eGift」は、ここまでご紹介したように、様々なシーンでの活用し効果を発揮することができます。御社のこれまで抱えていたキャンペーン課題についても、eGiftを活用することで解決できる可能性は大きいと思われます。

 

私たちgifteeでは、法人向けeGiftサービス「giftee for Business」を開始しております。ご興味がある方は下記の弊社サービス紹介ページをご確認ください。

全国のコンビニエンスストアやカフェチェーンなどの店頭で引き換え可能なデジタルギフトチケットを提供しております。まずは少額の予算から、前述の事例のように、キャンペーンのプレゼント、アンケートの謝礼など様々なケースで活用できます。

giftee for Businessサービス紹介ページはこちら

 

また、「こんな課題で悩んでいる。eGiftで解決できないか?」といった悩みベースのお問合せもお待ちしております。

現在ご提供している来店・来場促進の仕組みなども、お客様からの実際の課題やご要望に応じて生まれた活用法となっております。まだまだこれから発展していく市場ということもあるため、お客様と一緒にどのように活用すべきかを考え、市場を創っていきたいと思っています。是非お気軽にお問合せください。

eGift活用についてのご相談・お問合せはこちら

 

 

eGift活用についての記事は、他にも多数ご用意しております。

更に詳しく知りたい方は下記の関連記事も併せてご確認ください。

 

【eGiftの利用目的別での活用案はこちら】

利用目的別の活用例まとめ

来店・来場促進での活用例

資料請求・会員登録での活用例(CRMツールとの連動も可能)

 

【eGiftの各業界での活用案はこちら】

各業界別の活用例まとめ

 

eGiftマーケの基本活用例をまとめてご提供!
無料資料プレゼントはこちら

eGiftの販促キャンペーンでの基本活用例をまとめた無料EBookをご用意しました。

今注目されるeGiftの基礎をご説明した上で、5つの活用案をご紹介いたします。
是非あなたの販促キャンペーンにご活用ください。

無料資料プレゼント